デザイン性の高い印鑑

世界にたった一つのオリジナル印鑑を作ろう!自分らしい印鑑ほしくないですか? - 書体による印鑑のセキュリティ

書体による印鑑のセキュリティ

プレゼントや、ご自分用のお認め印、銀行印や、ご結婚されて新しいお名前の印鑑が欲しい、珍しい名字で店頭にはないので作りたい、など、印鑑を制作されるのであれば、ハンコマンがお勧めです。
印材も様々なものがあり、お認め用から実印用まで幅広く御座います。
また、デザインも、従来の風格のあるシンプルなものから、女性に人気がある可愛いデザインまで様々なものがございます。
ただ、一番重要なのは、字体ですね。

印鑑は盗難に注意!

印鑑というだけあって、捺印する機会も多く、盗難などに遭った場合は最悪複製されてしまう事もあります。
実印などを制作する際には、極力複製されにくい字体を選んだ方が良いでしょう。
ハンコマンは、用途に合わせたお勧めの字体なども紹介してくれます。
最も特殊で、複製されにくいのは印相体です。
実印や、企業の社印などは、この字体がお勧めだそうです。
また、篆書体(てんしょたい)なども複製が難しく、人気のようです。
他にも、認め印で人気の行書体、明治時代初期に複製を防ぐ目的で作られた古印体、美しい書体として有名な楷書体などがあり、印鑑を作るときに警戒するべき複製防止を考えられた書体も多くありそうです。
用途により、字体を変えて使った方が安全なようです。

電話でサポートを受けられるハンコマンの魅力

そういった専門的な事も、ハンコマンなら電話サポートで受け付けてくれるので、聞いてみるといいでしょう。
大切な印鑑ですから、末永くお付き合いできるよう、しっかり守りたいですね。
新しく印鑑を作り直そうと考えてみえる方、珍しい名字で店頭では印鑑がない方、ハンコマンで印鑑を作りませんか?
ハンコマンでは、デザインや字体など、様々なバリエーションが用意されており、男性も女性も、個人様も法人様も、様々な目的に合わせて制作して頂く事ができます。
17時までのご注文であれば、西日本地域なら基本的に翌日到着にて商品が届くそうです。
その他の地域の場合でも、翌々日には到着するとの事。
印鑑は大抵、なんとなく欲しくなって購入するパターンが少なく、必要な時になってから購入するものなので、頼んですぐに納品してもらえるのはとても嬉しいですね。

料金によって印鑑の送料が値引きされます!

また、5400円以上のご購入の場合、送料が無料になります。
同時に、5400円以上の場合は代引き手数料も無料になるので、とても良心的です。
通販だと、商品の値段を削っても、送料と代引き手数料で約1000円近く上乗せになる事も多いので、それが無料になるのはとても安心できますね。
もちろん、代引きを使わなくても、クレジット決済も対応しています。
この場合は、5400未満でも手数料はかからないそうです。
他にも、ハンコマンの決済方法には、銀行振込みやコンビニ決済、電子マネー決済などもありますので、ご都合に合わせてお買い物が出来ます。
コンビニ決済の場合も、5400円以上であれば手数料を無料にしてくれます。
商品だけでなく、決済方法や手数料なども、購入する側にとっては良心的なので、是非利用したいですね。
実印の通販は安い!
実印を買うなら通販をおススメします!

実印はいつ作成するのが良いタイミングなのか

実印をこれから作る人にとって大事なことの一つとして、人生の中でいつのタイミングで実印を作るかということです。
実印を作るタイミングがわからず慌てて必要になってから作る人もいるかもしれませんがタイミングは重要です。

実印はいつ使うのか?

印鑑の出来
そもそも実印はいつ使うことが多いのでしょうか。印鑑登録は認印等の三文判でも登録可能ですので、実印がなければいけないということはありません。
ですから滅多なことがない限りは実印を持っていないという人の方が多いかもしれません。実印を使う機会というのは人生の中で限られた時期ですので、あまり持つことも少ないでしょう。
もしかすると一生実印を持たないままの人もいるかもしれません。実印には強い法的な効力がありますがそのような効力を使う機会というのは限られています。

実印を作るタイミングは慌てなくてもいい

実印を作るとき注意したいこと、それは決して慌てて作らないということです。慌てて作ってしまうと失敗してしまう恐れがありますので、決して慌てないことが大事です。
慌てず一生ものの実印を作るのですから何かの節目に用意しておくと、いざ使いたいときにもすぐに使えて便利かもしれません。
例えば成人になった記念に、大学を卒業した記念に、そして就職した記念にといった形で記念に残る実印を作るのがいいかもしれません。

女性の場合にはフルネームにしないケースも

女性の場合結婚して名前が変わる可能性が高いですので、苗字やフルネームで実印を作らず、名前だけにしている人が多いでしょう。
または結婚してから新しく新しい苗字で作ってもいいのですが、そうなると万が一離婚してしまったときには使えなくなるので、やはり名前だけにしておいたほうがいいのかもしれません。

実印を作るベストタイミングは?

結論としては実印を作るベストタイミングはいつなのでしょうか。
例えば高校、大学等学校を卒業したタイミングで、進学をするタイミング、就職をするタイミングで、賃貸の物件を借りる人もいるでしょう。
契約の際に実印を押すのもいいと思いますので、このタイミングで作っておくのも一つです。
そして成人したタイミングもいいですね。社会的な責任などかかってきますので、ちょうど良いタイミングと言えるでしょう。
そして結婚をするタイミングで実印を作る人もいます。
家を買ったり何かの契約をすることも多いからです。これ以外のタイミングでは人生の節目や心機一転するタイミングで作るのが良いでしょう。

更新情報